☆内閣府 企業主導型保育事業とは

仕事と子育てとの両立を資することを目的として、平成28年度より国(内閣府)が推進している事業です。認可保育施設と同等水準のサービスを提供できるよう、企業が認可の保育事業に準じた基準のもと運営を行います。

 

☆利用できる方

利用枠には「企業枠」と「地域枠」があります。運営企業である「一般社団法人いちばん星プロジェクト」と利用契約をした企業に勤務の方は「企業枠」を利用し、それ以外に勤務または保育認定を受けられた方は「地域枠」の利用ができます。ただし、「地域枠」の利用人数は定員の50%を上限とすることが定められています。なお、「地域枠」はお住まいの地域に関係なく、どなたでもご利用になれます。 

一般社団法人いちばん星プロジェクトについてはこちら

 

☆企業主導型保育施設のメリット

☆入園手続きに、子育て環境などの要件が必要ありません。

→認可保育施設入所の優先順位として考慮される一つに子育て環境がありますが、企業主導型はそれに左右されません。 

 また、それに伴う煩雑な手続きに貴重な時間も奪われません。

☆パート、時短、正社員など働き方に応じた柔軟な保育サービスを受けることができます。

 ※時間に関係なく、月に16日以上お預けいただければ受け入れ可能です。

☆提携した企業の従業員様は、通常料金より低価格でご利用いただけます。