保育理念 見出し.png     

 図3.png 

見出し 特徴.png

 

 特徴1.png

園長は小学校教諭出身です。近年、発達準備が整わないまま義務教育を迎えるお子様が増えており、「小1プロブレム」という問題になっています。当園では小学校就学にスムーズにつなげるため、発達段階に応じて基本的な生活習慣・態度が身につくよう励まし育てていきます。また、5歳児には園長が毎日「ミニ授業」を楽しませながら行います。義務教育の中で大きく成長するための大切な要素を養い、自信と希望をもって小学校へ送り出すことをめざします。

 

特徴2.png

三木町のオーガニック農家と提携し、ごはん(無農薬、分つき米、雑穀入り)・味噌汁・旬の食材で、和食を中心とした安心安全な給食を提供します。西洋化した食文化を見直し、日本特有の食文化、特に発酵食品に力を入れます。園児による手作り味噌や手作り糠で、生きたままの菌をいつも体の中に取り入れ、健康で丈夫な体づくりをめざします。動物性たんぱくは魚中心で、乳製品・卵・肉は基本的に出しません。飲み物として牛乳も出しません。小麦の使用は必要最低限とします。アレルギー対応もいたしますのでお気軽にご相談ください。また、おやつは4回目の食事と考え、おにぎりや芋類など腹もちが良いものや、栄養バランスを考えて小魚・果物などを食べます。(無農薬米の産地は年によって異なる可能性があります)

 

特徴3.png

体調不良児対応型病児保育(※)を実施。登園後発熱や体調不良となっても、専門看護師のもとお迎えまでお預かりが可能(要相談)です。また、症状がひどい時や感染症の疑いがある時などは保護者様に連絡相談の上、職員が代わりに付き添って近隣の病児保育施設を備えた小児科で診察、お預けすることも可能となるよう現在調整中です。

※登園後、体調不良となったお子様の対応となります。登園前に具合が悪くなった場合や園児以外のお子様は直接病児保育施設をご利用ください。

 

 

特徴4.png

0~5歳、定員48名の運営をめざす小~中規模の施設です。そのため、細かいところまで目が行き届く小規模ならではのよさに加え、同年齢・異年齢の幅広い関わりが期待できます。一人っ子のお子様はもちろん、兄弟がいるお子様※もぜひご利用ください。また、3歳からの受け入れ施設を新たに探す必要がありません。小学校就学まで、長期的な目で子どもを育てるゆとりと安心感があります。 ※第2子以降の0~2歳児兄弟割引あり 

 

 midashi-1.png 

デイリープログラム おひさま.jpg デイリープログラム そら.jpg デイリープログラム にじ・やま・うみ.jpg

0歳児

おひさま組

1歳児

そら組

2・3・4歳児

にじ・やま・うみ組

 

見出し 年間行事.png

年間行事予定.png

2019年度 年間行事